×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バカ売れ タイトル

Image Replacement

広告にたくさんお金を使っているのに問い合わせがない・・・

ではそのタイトルが一瞬で広告の内容を映し出していますか?

広告の反応率が悪いと思ったことはありませんか?

■サラリーマン年収を3倍にする方法と情報の差別化
様々な副業ジャンルの情報商材を研究し、わかりやすくランキング形式でレビューしているサイトです。
http://growrich-sss.com/
■『依存』から『自立』への提案
即決営業マンが営業の心構えを伝授。さらに、サラリーマンであることへの依存の危険性についても書いています。
http://ameblo.jp/popular-salesman/
■「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本
あなたは広告で損をしているかもしれません。広告はタイトルがすべてと言っても過言ではありません。そのテクニックがこの本に書かれています。
■ブロぞう無料レポート

広告の反応率の悪さは一言で「これだ!」と言えるものではありませんが、 今すぐ変えられる方法は具体的にあります。


それを今回はその方法をシェアしていこうと思いますが、その前に広告を目にするお客さんの立場で一度考えてみませんか?


例えば、マンションのポストには毎日のようにたくさんのチラシが投げ込まれています。一般住宅でもそれに近いものがあるのではないでしょうか?


また、DMもあります。以前に購入したことのある会社から「新製品の案内」みたいなものも届いたりします。


インターネットで興味のあるものを調べれば、これまたすごい情報量になっちゃいます。


これだけ情報があふれている世の中でお客さんは何を見て反応し、また購入するのでしょうか?


『これ』を改善しなくては「お金」と「努力」が水の泡です

最初にお伝えしておきますが、ここでは一瞬でお客さんが

興味を示すテクニックを書いています。


顧客台帳のように何回もDMやメールを送って購入してもらう

ということを書いているのではありません。


それはそれで大切なことなのですが、ここでは一発の広告で

見込み客を発掘する方法を書いています。


それでは、結論です。


広告の【タイトル】を変えてみませんか?

お客さんが一瞬で興味を示すタイトルに。


なぜか?先ほどもお伝えしたようにこれだけ情報があふれて

いる時代です。広告にじっくり目を通す暇な人はいません。


パッと見て3秒で必要かどうかを判断しているのです。

タイトルでその広告の80%以上は決まるとも言われています。


タイトルがよかったら次の行も読まれます。

その行がまたよければ次の行も・・・という感じです。


そう、タイトルというものは営業マンの第一印象みたいなものです。

第一印象がよければ話を聞いてみようよくなければお断り。


そう考えていただければ、タイトルの重要性がわかっていただける

のではないでしょうか?


タイトルに力を入れないで広告を出すということは「お金」と「努力」が

水の泡になるのです。


あなにもできる!「バカ売れタイトル」のつけ方

タイトルの重要性はわかっていただけたのではないでしょうか?

では、どのようにタイトルを考えていけばいいのでしょうか?


あなたの付けたタイトルが「水先案内人」になっているかどうかです。

「???」ですね。


そのタイトルがお客さんとって行きたい場所へ案内しているか

どうかなのです。


例えば、こどもの成績不振に悩んでいる親御さんがいたとします。

そんな時、2人の営業マンが来ました。


名刺の肩書がこのように違いました。


@「学習アドバイザー」

A「一教科80点以上確約アドバイザー」


当たり前ですが後者の方が具体的で、わかりやすいのが

お分かりかと思います。


このように、お客さんの求めている方向を具体的に案内してあげる

タイトルを付けることが「反応率」「購入率アップ」の秘訣です。


もし、タイトルの付け方を勉強してみたいというのであれば

この本を強くお勧めします。



■サラリーマン年収を3倍にする方法と情報の差別化

様々な副業ジャンルの情報商材を研究し、わかりやすくランキング形式でレビューしているサイトです。

http://growrich-sss.com/
■『依存』から『自立』への提案

即決営業マンが営業の心構えを伝授。さらに、サラリーマンであることへの依存の危険性についても書いています。


http://ameblo.jp/popular-salesman/
■「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本

あなたは広告で損をしているかもしれません。広告はタイトルがすべてと言っても過言ではありません。そのテクニックがこの本に書かれています。